Dōhō

Dōhō / 同胞, (Los Angeles, CA)

Dōhō Masthead

Dōhō, literally meaning “comrade,” was a Japanese communist organ published by US-born and Japan-educated (Kibei) editor Shūji Fujii. The English section was added in 1938. Even before Pearl Harbor, Dōhō opposed Japanese militarism and supported Japanese and Japanese American labor movements in the United States.

『同胞』は米国で生まれ、日本で教育を受けたいわゆる帰米である藤井周二が編集、発行した米国共産党の日本語機関紙の後継紙である。1938年からは英語欄も発行された。同紙は真珠湾攻撃以前から日本の軍事主義に反対の姿勢を示し、日本人、日系アメリカ人の労働運動を支援した。

Azuma, Eiichiro. 2005. Between Two Empires: Race, History, and Transnationalism in Japanese America. New York: Oxford University Press.

Tamura, Norio田村紀夫. 1988. Han fasshizumu no shinbun "Dōhō": 1937-nen-1942-nen 反ファッシズムの新聞『同胞』:1937年~1942年. Tōkyō東京: Tōkyō Keizai Daigaku東京経済大学.