Rakuen

Rakuen / 楽園 [The Paradise], (Hilo, HI)

Rakuen Masthead

The Rakuen, a monthly magazine, was first published by Yūzō Machida in 1903. It aimed to provide quality stories about Hawaiian and Japanese affairs, histories, and science to Japanese plantation workers. Its policy not to feature many advertisements, however, was not financially sustainable; it appears to have stopped publishing within a year.

『楽園』は町田友三により1903年に創刊された月刊雑誌である。日本人プランテーション労働者にハワイや日本の出来事、歴史、科学などの質の高い記事を提供することを目指した。しかし、広告を掲載しすぎないという方針が恐らく災いし、1年以内で廃刊になった模様である。

Ebihara, Hachirō 蛯原八郎. 1936. Kaigai hōji shinbun zasshishi : furoku, Kaigai hōjin gaiji shinbun zasshishi 海外邦字新聞雜誌史 ; 附錄. 海外邦人外字新聞雜誌史. Tōkyō 東京: Gakuji Shoin 學而書院.